埼玉で創業50年の安心と270,000台以上の買取実績!

TEL 0120-766-060
友達登録で今すぐ相談LINE 友達追加
メールで査定依頼いますぐ買取査定

廃車に関する必要書類

普通自動車の廃車手続き
普通自動車の廃車手続きに必要な書類

普通自動車(普通車)とは、白いナンバープレート又は緑のナン バープレートが付いた四輪自動車の事です。陸運局(運輸支局自動車検査登録事務所)にて名義変更や廃車の手続きを行います。

※ナンバープレートが緑色の場合は専門スタッフがご説明い たします。お気軽にお問合せください。

※軽自動車に必要な書類はこちら

廃車(普通自動車)に必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
    車検切れの場合は不要
  • リサイクル券
  • 所有者の印鑑証明書
  • 印鑑(実印)

書類を用意し内容をご確認ください

1車検証の所有者を確認してください

車検証には「所有者」と「使用者」の記載欄があり、それぞれに名前と住所が記載されています。この所有者についての事務書類を整えていく必要があります。

廃車を行うには、陸運局で抹消登録の手続きを行いますが、その際に「車検証の所有者」と、この後で説明する「印鑑証明」に記載されている氏名・住所が同一でなければ手続きが完了しません。

住所や氏名が異なる場合など
住所が異なる場合
  • 合併などで郡・町が市に変更になった場合は追加書類はありません。
  • 合併などで番地が変更になった場合は「町名地番変更等証明書」が必要です。
結婚等で姓が異なる場合
  • 車検証と印鑑証明の記載が異なる場合に、それぞれの書類の情報が一致していることを証明するため「戸籍謄本」が必要です。
引っ越しをした場合
  • 引越しが1回の場合、新しい住所での「住民票」が追加で必要です。
  • 引越しが2回以上の場合は、「住民票」に加えて「戸籍の附票」が必要です。

2印鑑証明書の有効期限を確認してください

本サービスでは、廃車のお引取を行ってから、お客様の地域を管轄する陸運局で車両の抹消手続きを行います。その際に「印鑑証明書」が必要となります。この印鑑証明書には発行から3ヶ月の有効期限があります。

廃車のお引取をしてから、手続きが完了するまで長い場合は2週間程度の日数がかかりますので、有効期限が1ヶ月以上残っている(発行から2ヶ月以内の)印鑑証明書をご用意ください。

3印鑑証明書と同じ印鑑をご用意ください

陸運局での抹消登録の手続きでは、お客様の捺印のある書類を提出する必要があります。このときの捺印に使う印鑑は、印鑑証明のものと同一でなければなりません。

印鑑証明書と似ている印鑑でも、書類が受理されず処理が進められませんので、必ず同一の印鑑をご用意いただくようにお願い致します。

また、押印が不鮮明な場合など、書類上で同じ印鑑であることが確認できない場合も同様に書類が不受理になる場合がありますのでご注意ください。

追加書類が必要となるケース

ここまでで解説した様に、廃車(車両の抹消登録)を完了するためには、上記の書類を不備なく用意し陸運局で手続きを行います。ここでは上記以外に追加の書類を用意するケースについて解説します。

引越しによる住所変更や、車検証記載の所有者が異なる場合の委任状など、主にお客様自身で、市役所で取得していただく書類が主になりますので、よくお読みになって準備をお願いいたします。

ケース1.「車検証」と「印鑑証明」の住所・氏名の情報が異なる場合

引っ越し等により、車検証の所有者、印鑑証明書それぞれの氏名・住所が異なっている場合は、住民票または戸籍謄本の附票が必要になります。これらの書類を市役所等で手配してください。

廃車に必要な書類
自動車検査証(車検証)
自賠責保険証明書
リサイクル券
実印、印鑑証明書
身分証明書
さらに必要な書類
住民票
※発行から2ヶ月以内の住民票もしくは戸籍の附表

更に以下に該当する場合は用意する書類が異なります。詳しくはお問合せください。

  • 引っ越しを2回以上行っている場合には戸籍の附票が必要となります。
  • 市区町村の合併等により「町名・番地」等に変更がある場合は「町名地番変更等証明書」が必要になります。
  • 上記以外に、ご結婚により姓が変更になった場合は戸籍謄本が必要になります。

ケース2. 車の所有者がローン会社や法人の場合

所有者がお客様ご本人ではなくローン会社や法人の場合は、所有者の「印鑑証明」と「譲渡証明書」および「委任状」(車両の抹消に関わる手続きを委任する書類)が必要です。必ず車を購入した所有者に問い合わせをして書類を請求し手配してもらいます。(所有権解除依頼)
※会社の住所が変更になった場合は登記簿謄本も必要です

廃車に必要な書類
自動車検査証(車検証)
自賠責保険証明書
リサイクル券
身分証明書
※お客様ご自身の印鑑証明は不要です
さらに必要な書類
所有者の譲渡証明書
所有者の委任状
  所有者の印鑑証明書  
※いずれの書類も発行して2ヶ月以内のもの

ケース3. 所有者がお亡くなりの場合

車の所有者(車検証の所有者欄に記載)が亡くなった場合は、車は遺産となり遺産相続の対象となります。そのため、廃車を行うには「遺産分割協議書」や「除籍謄本」など遺産相続に関わる書類が必要となります。

廃車に必要な書類
自動車検査証(車検証)
自賠責保険証明書
リサイクル券
身分証明書
さらに必要な書類
戸籍謄本 ※相続人全員が記載されているもの
除籍謄本 ※所有者の死亡が記載されているもの
遺産分割協議書
※相続人全員の記入押印、代表相続人のみ実印
印鑑証明書 ※代表相続人(1名)
次の場合には必要な書類が異なりますのでご注意ください。
相続人が一人の場合 相続人が一人であることを証明できる「戸籍謄本」が必要。
遺言状がある場合 遺言状原本と、所有者の亡くなった事が分かる「除籍謄本」
家族関係が分かる「謄本」代表相続人の「印鑑証明書」「譲渡証明書」「委任状」
相続人内に除籍された方がいる場合 その方の除籍される前の情報が記載されている「戸籍謄本(改正前原戸籍)」

ケース4. 所有者が未婚の未成年の場合

所有者が未婚かつ未成年者の場合は、所有者と親権者の続柄の分かる「戸籍謄本」と、親権者の「印鑑証明書」などが追加で必要となります。婚姻されている場合は基本的に成人と同じ扱いになり親権者の同意書は不要ですが、 婚姻が確認できるように所有者ご本人の「戸籍謄本」が必要です。

廃車に必要な書類
自動車検査証(車検証)
自賠責保険証明書
リサイクル券
身分証明書
さらに必要な書類
同意書 ※所有者のうち1名で押印は実印であること
印鑑証明書 ※親権者のうち1名のものと所有者
戸籍謄本 ※所有者と親権者との続柄がわかるもの
実印 ※親権者の実印
軽自動車の廃車手続き
軽自動車の廃車手続きに必要な書類

軽自動車とは、黄色いナンバープレート又は黒のナンバープレートが付いた四輪自動車の事です。
軽トラックや商業用のバンといった車両も存在します。
全長や全幅の規定値が決まっており改造などで超えた車両は普通車扱いとなります。
軽自動車検査協会にて名義変更や廃車の手続きを行います。

※ナンバープレートが黒色の場合は専門スタッフがご説明いたします。お気軽にお問合せください。

※普通自動車に必要な書類はこちら

廃車(軽自動車)に必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
    車検切れの場合は不要
  • リサイクル券
  • 本人確認(身分証明書)
  • これらの他に、公的な書類にご捺印いただくため印鑑(認印可)が必要です。

書類を用意し内容をご確認ください

車検証の所有者を確認してください

車検証(自動車検査証)には「所有者」と「使用者」の記載欄があり、それぞれに名前と住所が記載されています。ここに記載されている「所有者」についての書類をご準備ください。

普通自動車と異なり、軽自動車は「軽自動車検査協会」が自動車の登録管理を行っています。集めた書類をその地域を管轄する軽自動車検査協会に持ち込んで手続きを進めます。当サービスをご利用いただく場合は、面倒な手続きを全て無料で代行させていただきます。

追加書類が必要となるケース

ここまでで解説した様に、軽自動車の廃車手続きに必要な書類は多くありません。車検証は車内のグローブボックスに保管している方も多いため、比較的簡単に揃えられるのではないでしょうか。しかし、車検証の所有者が異なる場合には追加で揃えていただく書類があります。ローンで購入したものや、法人名義の車両などで所有者がお客様自身とは異なる場合は所有者の承諾書が必要となります。

所有者が「ローン会社」や「法人」になっている場合

所有者が法人の場合はその法人に、ローン会社(信販会社・ディーラー)の場合は車両の販売店に連絡して「申請依頼書」「所有者承諾書」の書類をお取り寄せください。

廃車に必要な書類
自動車検査証(車検証)
自賠責保険証明書
リサイクル券
身分証明書
さらに必要な書類
所有者の申請依頼書
所有者の所有者承諾書